PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第14回 クリケット必要な点差について

こんにちはー!

たった今書いた記事を誤ってすべて消してしまって心が折れかけている僕です・・・。

でも頑張って書いていきたいと思います。


今回はクリケットについてです。

・・・


クリケットにおける勝利条件は

1・設定ラウンド終了時に相手の点数よりもこちらが上回っている

2・全てのマークをオープンしてなおかつ相手よりも点数が上回っている。

これが勝利条件になります。


クリケットを優位に進めていくには様々な方法があります。

これは状況によって様々です。
全てを書いていくことは難しいので、今回は必要な相手との点差について書いてみたいと思います。

自分の陣地が1つ、相手の陣地が1つの場合必要な点差は相手の陣地のトリプルの2倍以上
自分の陣地が2つ、相手の陣地が1つの場合必要な点差は相手の陣地のトリプル以上の点差です。

この点差を持つことで相手にトライさせないことができます。これにより相手の行動を限定することができます。

これは01にも同様にいえることなんですが、相手の動きを限定し、コントロールしていくということがダーツにおける必勝方法といえると思います。


今回は少し短いですがここまでにしたいと思います。決して一回消してしまったから心が折れているわけではありませんwww

今回の重要なポイントは

1・必要な点差を持つ

2・相手にトライさせない

これです。

今回はゲームの進め方について書いていきましたが、次回は少し状況を絞って書いていきたいと思います。

もしこんな状況のときはどうしたらいいんだろう?というリクエストありましたらコメントかメールフォームからお願いします。
どこから書いていけばいいのか迷っていますw

それではまた次回です(^O^)


ワンクリックのご協力いただければ幸いです。





| クリケット 必要な点差 | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://dartskyou.blog.fc2.com/tb.php/15-abc5ecca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。