PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第16回 クリケットについて

こんにちは!

毎日更新を心がけているんですが、昨日は少しサボってしまいました。

やはり日曜日は大会等が多い為忙しくなりがちです(-。-;



そんな事で今回も前々回に引き続きクリケットについて書いていきたいと思います。

・・・


前々回『必要な点差』について書きました。

これはクリケットで最初に覚える基本的な戦略だと思います。今回は点差を特に気にせずゲームを進めていく戦術について書いていきたいと思います。

想像して下さい。

自分が後攻で相手が1R目に20シングル2本トリプル1本で5マーク加点40点。

この時通常であれば19をオープンしてプッシュをしていく。これがセオリーかと思います。

しかしそんなことはお構いなしに、20をクローズしてしまいますそしてクローズしたら直ちに次の数字をオープンっせに向います。

1R目20ツーマークのみ。

そして2R目相手が19をオープンに来て1マークで開けられず自分の番

自分が20にシングル一本19に3本オープン成功。

相手3R目、ここで迷いが相手に出てくるはずです。

19をクローズするべきか?18や17を開けてからクローズするのか?

このように相手に迷いを与えメンタルをせめて行くやり方です。

そして最終的にはブル勝負に持ち込むか、こっちのマーク数がリードした際に加点して逃げ切ってしまうなどの手段が考えられます。

この戦術には相手の同様を誘ったり、点数が負けているにもかかわらずこちらが優位に立っているような感覚を相手に持たせられる効果が得られます。

またこの戦術は勝負終盤などにブル勝負に持ち込みたい時などにも有効です。

勿論同様を誘えない場合もありますし、相手にがっちりプッシュされてしまい逃げ切られてしまうこともあります。

どの戦術にもいえることですが、相手のタイプを見極めてそれにあった戦術をとっていくことが大切です。

そのためにも色々な戦術をしっておくことが必要です。

そうすることで相手が、今されて困ることが見えやすくなってくるはずです。

今回の戦術において大切なポイントは

1・点差ではなく陣地を先に自分のものにしていく

2・プッシュよりも先にクローズする。

3・状況に余裕が出た所でプッシュして逃げ切る。

こんな所です。

次回は相手の意表をつけるような戦術について書いてみたいと思います。


ワンクリックのご協力いただければ幸いです。





関連記事

| クリケット 戦術 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://dartskyou.blog.fc2.com/tb.php/17-4dc966c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。