PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第176回 ライン(軌道)の見え方・見るために

どーもーダーツ狂です!


メールやコメントから頂いた質問への回答が最近の記事の大半を占めております。


こういった質問はきっと他の方にも共通してある悩みだったりもすると思うのでそういった方がいたら参考にしていただけたらありがたいです。

もし自分なりに答えが見つかっている方もこういった解釈もあるんだなぁと思ってくれたら良いかなと思っています。自分に取り入れるかどうかは別としても、マイナスにはならないと思いますので(^_^)


それでは本題に入りたいと思います。




・質問内容


初めまして。
ダーツを始めて1.5年になる不惑のダーツ戦士です^^;
本HPはバイブルの1つとして、いつも拝見しております。そして、気付きのネタとしてとても参考にさせてもらっております。
謝謝多々m(_ _)m

さて、過去の記事を読み返しての質問なのですが、ライン(軌道)についてもう少し実践面から教えて下さい。
ダーツ馬鹿さんのコメントは本当に分かりやすく、頭の中では「フムフム」と納得しております。しかし、いざ練習でラインを見ようとTryしてもなかなか見えません。私的にはやはり、見えない=理解できていないことだと思います(T_T)
そこで、ラインの見方ではなく、”見え方”というか”だんだんと見えるようになってきた過程”を、ダーツ馬鹿さんの経験から少しお話して頂けないでしょうか。

例えば、ラインを見るときに何か対象物(マシンの模様やダーツ版の数字位置など)と重ねてみることでラインを捉えやすくなったなど、ラインを真に理解するための切り口をコメント頂けますと幸いです。

かなり難しいことをお願いしているとは思いますが、経験豊富なダーツ馬鹿さんに何とぞお願い致します。

追伸:小生は現在、フェニRt.15、ライブRt.10の中級レベルに突入したてのダーツ戦士です。ラインを知り、より飛躍したいと切に願っておるところです。。。


となっています。


これについては実際に目からビームがでてラインが見えるわけではないので非常に説明が難しい所なのですが、なんとか書いていこう思います(笑)


ラインをみる。またはラインを感じるために大切なことは、自分のダーツの軌道を定まったものにすることが重要です。


この軌道を自分でしっかりと把握することでセットアップ時から自分が投げるダーツがどう飛んでいくかイメージすることができ、ラインをイメージすることが可能になっていきます。


そして僕がラインをイメージできるようになってきた過程についてですが、やはりダーツの飛びがある程度安定してきた時にイメージできるようになってきたと思います。

ということは、フォームや自分のスタイルがある程度確立し始めてからのことだと思います。

ラインをイメージする際に何かを基準にしているということは無いです。もしそういった基準を作ってしまうと、マシンが変わったときや、投げる店が変わった時など環境の変化に左右されてしまうと思うのであまりオススメは出来ないとと思います。


これは参考程度のお話なのですが、マシンが複数台横に並んでいるようなお店で投げた時、隣のマシンのスローラインに立って投げたとします。

ようはかなり斜めからスローをするということです。

そうするとやはり自分のイメージしているラインとは少しずれてしまうことが多くなってしまいます。しかし投げ続けていると次第にイメージと実際の軌道が近づいきます。


なのでラインをしっかりとイメージ出来るようになっていくためにはまず決まった位置から決まったフォームでスローを行い、しっかりと自分のダーツの軌道を感じることが重要だと思います。


実際の軌道とあっているかどうかは別としても、まずはラインをイメージしてみることも重要だと思います。
そしてそのイメージを実際の軌道に近づけていく、または軌道を理想としているイメージに近づけていく。こういった作業を行っていくことでよりはっきりとしたイメージが出来ていくと思います。

自分のダーツの飛びを自分で見るということは最初は中々難しい事です。なので動画などを撮影して自分の飛びを理解する参考にしてみるのもよいかもしれません。


どうでしょう?参考になったでしょうか?(^_^;)

何か分からない所や理解しにくい所、新たに出てきた疑問など何かあればどんどんコメントをください。

勿論質問者さん以外からのコメントでも構いません。



とこんな所にしておきたいと思います。

そしてここで気づいたんですが、前回の記事で言った内容と記事が変わってしまいました(^_^;)折角書いたので今回はこの内容で行かせていただきたいと思います。


ではまた次回~!!!

ダーツブログランキングです

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ FC2Blog Ranking




| ダーツの悩み・疑問 ラインの感じ方 | 08:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ダーツ狂さん記事記載お疲れ様です^ ^

今日のラインイメージについての話も大変参考になりました!
ラインイメージと実際の軌道が微妙に毎回違っていると感じてて、フォロースルーの感覚や力加減で微調整しちゃってる所がありました。。
台などが変わると違いが出るとしても、フォロースルー・力加減などで調整するのはできるだけ少なくして、毎回同じフォロースルー・力加減にして行くのが重要ですね! (極わずかの微調整感覚はあってもいいかもしれませんが);^_^A
自分は矢力がある飛びの時が、イメージラインと実際の軌道があってる時だと思うので、それを突き詰めて行きたいと思います。

あと質問なのですが、自分もダーツ狂さんと同じ感じで腰を軸に動かして狙い分けを(しようと)してます。
そうすると例えば、身長等で異なりますが、地面からブル(173cm)と地面からダーツが同じ高さだと、地面に対して平行にラインイメージできることになると思うのですが、20Tや19Tを狙う時にできるイメージラインって地面に対して傾斜がある感じになると思います。
傾斜がある状態で描いているイメージラインがブルと同じ軌道になっているのか曖昧なままなんとなく合わしてる感じがします。。
そうすると、ナンバーごとに違うダーツで実は投げちゃってるような気もします。
(実際腰を意識して、パッと合わして投げると、20Tは下らへんに、19Tは上らへんに行ってるときがあります。)
やんまーさんとかは腰で合わすのが上手いですよね。
傾斜のついたラインイメージが平行のラインイメージと同じだとある程度明確に感じ取れる方法等があったら教えてほしいです。

よろしくお願いします。

| shin | 2013/07/15 14:42 | URL |

Don't Watch,Feel it

ダーツ狂さま

こんにちは。ダーツベアです。
早速の回答ありがとうございました。
分かりやすく拝見させて頂きました。

成る程!と思ったことは、「ラインは明確に見えるものではない」ということです。私は、「ラインはクッキリと見えるもの、かつその線をなぞるようにリリースすることがBest」と思い込んでいました。ちょっと考え方を変えた方が良さそうですね。

単純にラインは感じるものと言ったら言い過ぎかも知れませんが、軌道はある程度は見えていて、そのうえでラインと投げのマッチ感?が気持ち良い時が、ラインが見えているということなのかも知れません。
・・・と、勝手に納得してしまいました(笑)

今は、ダーツ狂さんが言われたように、ラインを仮想(イメージ)して投げています。これだけでも投げの精度がだいぶ違うことは体感しております。
そして、これまたダーツ狂さん曰くのとおり、イメージを実際の軌道に修正するように意識しています。

日によって(日の中でも)、飛びのラインが変化している私としては、やはり実際のラインの安定化=飛びの安定化が命題のようです。一方でその変化もキチンと認識することも大事だと思います。変化が分かればあとはラインも変化させれば良い・・・はずですから^^;

と書いていたら、早速練習したくてウズウズしてきました!
早く仕事を終わらせて実践してきます。
本当にありがとうございました。
またヨロシクお願いしますm(_ _)m

| 闘うテディベア | 2013/07/15 14:52 | URL |

何個もすいません

いくつも一気に質問しちゃって、大変申し訳ないのですが、時間ある時にゆっくり回答をいただけたら大変ありがたいですm(_ _)m

一つ目は質問というより相談なのですが。。w
昨日の記事も大変参考になりました。ありがとうございます^_^
元々ダーツ狂さんの4スタンス診断だとB2になったのですが、つま先外側重心が自分に合ってる様なのでA2なのかもしれないです。
ただ太ももに力を入れる入れない等でA2,B2どちらにでもなれる感じですw
(よくオープンスタンスで体動くので、ミドルで太ももに力を入れて踵重心にした方がいいような気も最近するのでB2が合ってるのかもしれないです。そもそもA2がクローズドスタンス向きとされている理由がわからないですw つま先重心だと肩と顔がつま先と位置が合わないので。)
すいません。長い余談になったのですが、強く意識しなくても体が動かない形にできるコツ・条件等があったら教えてください。

二つ目の質問はセットアップの時、ターゲットに焦点をいつも合わしてるのですが、4フィンガーで後方気味にダーツを持っているので、チップの位置が見えず、ダーツ全体の向きが本当に真っ直ぐになっているか曖昧です。
薬指の爪と皮膚の間にチップがいる感じになっているので、ダーツ後方と爪先が真っ直ぐになっている所が真っ直ぐと暫定で認識して投げてます。
(もしくは、薬指は単なる支えなのでダーツ後方が真っ直ぐならOKという考え方の2パターン。ちょくちょく今変わっちゃってます。。)
グリップを変えてでもダーツ全体の向きが見えるようにした方がいいでしょうか。。
ダーツ狂さんのセットアップ時の狙い方等があれば教えて下さい。
実際テイクバック時に狙ってるようにも感じているんですが。

超長文且つまとまりのない文になってすいません。
よろしくお願いします。

| shin | 2013/07/15 15:23 | URL |

こんにちは!
いつも楽しく拝読しております。

さて、質問があります。
他の方への解答が済んでから、お暇なときで構いませんので、よろしければご解答をお願いします。

以前にもコメントさせていただきましたが、ユーミング(予備動作)なしでスローをするようにしています。
その方が、テイクバック時の左右のズレが少なくなるようだからです。
ですが、どうしても腕の筋肉が硬いときがあり、ユーミングなしだとスムーズにテイクバックできないときがあります。
このような状態のときは、一度に前に少し動かしてから、テイクバックするようにしています。

このように、状態にあわせてスロー方法を変えるのは、良いのでしょうか。
これが質問であります。

失礼いたします。

| ショータ | 2013/07/15 16:06 | URL |

shinさん

沢山質問いただいてありがとうございます。


御蔭さまでブログのネタを考えなくてもすみます(笑)


以外に毎日書いていると何を書いていいかわからなくなってくるので非常に助かります(^_^)

質問のお答えを記事にしていきますので待っていてくださいね!

| ダーツ狂 | 2013/07/16 10:00 | URL |

闘うテディベアさん

ご丁寧な感想ありがとうございます(^_^)


そういったレスポンスがあると非常に嬉しいです!


解釈の仕方も僕が言いたかったことを捉えてくれているようで嬉しいです!またコメントなどいただけたら嬉しいです。質問だけに限らず戦績やRtがあがったなどの報告なども良かったら聞かせてくださいね(^_^)

| ダーツ狂 | 2013/07/16 10:02 | URL |

ショータさん

いつもコメントありがとうございます(^_^)

少し質問が重なってしまったので少々時間がかかるかもしれませんが順番にお答えしていきますので少しだけ時間をください(^_^;)


必ず書きますので!!!

なるべく早く記事にできるように頑張ります!!!

| ダーツ狂 | 2013/07/16 10:05 | URL |














TRACKBACK URL

http://dartskyou.blog.fc2.com/tb.php/178-ca1fc159

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。