PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第30回 ラインで狙うということについて

こんにちは~!

ちょっと用事が重なってしまって中々書くことができませんでした(-。-;

すいません・・・。


遅れましたがラインで投げる、狙うといううことについて書いていきたいと思います!

・・・


そもそもラインで狙うっていうのはどういうことなのか。


まずは自分の投げるダーツの軌道がしっかりとわかっているかということです。

これを理解するためには反復練習がもっとも効果的だと思います。

例えばブルを狙うときどこを通ってブルに刺さっているのか?またそれは3投とも同じライン(軌道)を描けているのか?

同じラインを描いてダーツを飛ばすには安定したフォームが求められますこれについては過去の記事を参考にしていただけるとありがたいです。

ラインで狙うということはここが最も重要です。ダーツを構えた瞬間に自分のダーツのライン(軌道)を瞬時にイメージできるか?またそのイメージしたライン通りにダーツを飛ばすことができるか?

この時イメージするラインは、山なりでも、直線に近い物でも構いません。実際に自分が投げるラインと一致していることが重要です。

実はある程度のイメージはほとんどの人ができています。

例えば3投ブルを狙う場面で1投めがブルの上に刺さり2投目以降が狙いづらくなったりしますよね?

これはダーツが山なりで飛んでいくことを理解しているためはじかれてしまうイメージがあるためです。

しかしこれだけでは少し足りないので、よりはっきりとしたイメージを構築していくことが重要です。

ここまでがしっかりと出来たらあとは簡単です。

このイメージしているラインを狙うポイントに合わせて投げるだけです。

これによりより立体的にダーツを狙って投げられるようになります。

さっきの例のように1投目が邪魔になりそうな時本当に邪魔になるのかがよりわかるようになるし、もし邪魔になるなら少し横にずれて構えて投げ直す事ができます。

この時もラインがイメージできているため、違う位置から狙い直す事にもさほど違和感を感じずに動作にうつることができます。

ようはどこまで自分のダーツのライン(軌道)を理解できているか?ここに尽きます。

ではどうしたら理解できるか?これは僕の口癖ですが逆算することでわかります。

まずは同じ投げ方で投げること。

その為には、

楽な姿勢で投げること(無理な姿勢では疲れなどのため同じ姿勢を続けるのが難しくなってくるため)

セットするときに自分の決まったポイントがあること

このようにしたいことをするためには何をしたらいいのか?これを考えることで答えはでやすくなります。

またその為にしっかりと基本があることが重要です。


ラインで投げる=自分のラインを理解できている。ということです。

練習でしっかりと身に付けていくと、確実にレベルアップに繋がります。

是比取り組んでみてください。

今回の重要なポイントは

1・自分のダーツのライン(軌道)をしっかりと理解する。

2・安定したラインにする為に再現率を高める。またその為に必要な事理解する。

3・イメージしたラインを狙うポイントにあわせて狙う。

この3点です。

僕の中で、これが出来るか出来ないかはとても大きな差になると思いますので何か分かりづらい所があったらご遠慮なくどうぞ!

いつもながら無駄に長い文章にお付き合いいただきましてありがとうございます。

ワンクリックのご協力いただければ幸いです。






| ダーツ技術中級編 ラインで狙う | 02:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大変わかりやすかったです

わかっていると思っていたことですが、このようにわかり易くシンプルに説明していただけると、頭の中が整理整頓されて、やっと理解できたような気がします。
自分が今どのような練習をするべきかはっきりした気分です。
大変参考になりました!ありがとうございます!

| ぼあだむ | 2013/05/15 11:07 | URL |

ぼあだむさん!コメントありがとうございます!

参考になって良かったです。

こういうコメントをもらえることでかなりモチベーションがあがります。ありがとうございます!

ブログ内でわかりずらいことや、なにか聞きたいことがあったら僕で良ければお答えしますのでいつでもコメントしてくださいね(^O^)

| ダーツ狂 | 2013/05/15 15:46 | URL |

理解と実践の乖離

初めまして。
ダーツを始めて1.5年になる不惑のダーツ戦士です^^;
本HPはバイブルの1つとして、いつも拝見しております。そして、気付きのネタとしてとても参考にさせてもらっております。
謝謝多々m(_ _)m

さて、過去の記事を読み返しての質問なのですが、ライン(軌道)についてもう少し実践面から教えて下さい。
ダーツ馬鹿さんのコメントは本当に分かりやすく、頭の中では「フムフム」と納得しております。しかし、いざ練習でラインを見ようとTryしてもなかなか見えません。私的にはやはり、見えない=理解できていないことだと思います(T_T)
そこで、ラインの見方ではなく、”見え方”というか”だんだんと見えるようになってきた過程”を、ダーツ馬鹿さんの経験から少しお話して頂けないでしょうか。

例えば、ラインを見るときに何か対象物(マシンの模様やダーツ版の数字位置など)と重ねてみることでラインを捉えやすくなったなど、ラインを真に理解するための切り口をコメント頂けますと幸いです。

かなり難しいことをお願いしているとは思いますが、経験豊富なダーツ馬鹿さんに何とぞお願い致します。

追伸:小生は現在、フェニRt.15、ライブRt.10の中級レベルに突入したてのダーツ戦士です。ラインを知り、より飛躍したいと切に願っておるところです。。。

| 闘うテディベア | 2013/07/13 21:25 | URL |

失礼しました!

再び質問者です。
ダーツ馬鹿さんではなく、ダーツ狂さんでしたね(汗)。
お名前を間違えてしまい、大変失礼致しましたm(_ _)m

| 闘うテディベア | 2013/07/13 21:26 | URL |

闘うテディベアさん

闘うテディベアさん!コメントありがとうございます(^_^)

そしてこんなブログをバイブルなんて呼んでくださってありがとうございますm(_ _)m


今回のコメントに対するお答えを記事にしてお答えしたいと思いますので良かったら読んでやってください!


ダーツ狂もダーツ馬鹿もニュアンス的にはあまり変わらないのでどちらでも大丈夫です(笑)

| ダーツ狂 | 2013/07/14 14:31 | URL |

楽しみです!

ダーツ狂さま
こんにちは。
ダーツベアです(笑)
お忙しいなか、早速のコメントありがとうございます。しかも大きく取り上げていただくなど、私のダーツ仲間も喜んでおります(^^)
ダーツ狂さんがラインを感覚的に捉えられてきたのであれば非常に答えずらい質問だと思いますが、期待して待っております(ハードルをあげてしまいましたかね?)。

それではヨロシクお願いします。

追伸:寛大な許しをありがとうございますm(_ _)m

| 闘うテディベア | 2013/07/14 18:15 | URL |














TRACKBACK URL

http://dartskyou.blog.fc2.com/tb.php/31-ca12399d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。