PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第48回 ダーツが上手い事と強い事の違い

こんにちは!

今回は昨日の記事にあったコメントを元に書いていきたいと思います。

・・・


これは価値観によって大きく変わると思いますが、ダーツが上手くなりたいのか?それとも強くなりたいのか?

上手いことと強いことは似ているようで違うものだと思います。

僕は強くなろうと思っていますし、このブログの記事も大半が強くなる為に書いてあるものです。


勿論強くなるためには上手くなることが必要だったりもしてきます。

何のために上手くなりたいのかを自分で理解することが必要だと思います。


よく見かける光景ですがオンライン対戦、特にフェニックスでスタッツを重視した打ち方をする人を見かけます

まして自分のカードを2枚通してRtを調整しているような人までいます。

内容は様々ですが皆さんも見かけたことがあると思います。


これは一体何の為にやっているんでしょうね?(^_^;)

レーティングを上げることがそんなに大事なんでしょうか?スタッツを上げることが大事なんでしょうか?

きっとそういう人達はリーグなどでのでの成績とカードの成績に大きなズレがあると思います。
勿論試合で緊張してしまって思い通りの成績が出来ないためにそうなる場合もあると思います。


カードを通した時にマシンに出るRtやスタッツには大きな意味はありません。

あくまでも自分のデータを管理する為に使うものだと思います。

確かにRtというのは自分が今どこにいるのかを判断できる良い材料でもあります。しかしこれにとらわれる人があまりにも多すぎると思います。

話がずれてしまいました・・・。Rtやカード、オンライン対戦についてはまた別の記事にしてみます。

なにが言いたいかというと、前の記事でコメントをくれたzi.chiさんが言うように、勝負の上ではいくらスタッツが良くても負けたら意味がないということです。

自分の力以上の数字がでた事を励みにするのは構わないと思います。ただそれに満足してしまうのは良くないことだと思います。

何が足りなくて負けたのか?

実力差があまりにもある場合は別ですが、実力が均衡している場合原因はスタッツだけではないはずです。

その時の結果は自分がスタッツが劣っているかもしれませんが、そうなってしまった原因があるはずです。

思い通りに打たせてもらえなかった場合や、相手を楽に打たせてしまった結果負けてしまった場合。

勝負のポイントはどこだったのか?そこを考えることで強いダーツが身についていくと思います!

それについては『戦略』関係の記事にも書いたと思いますので参考にしてみてください!


みなさんの中にも、同じ位のレベルなのになぜかあいつには中々勝てない・・・。とか練習では勝てるのに本番になると勝てない相手がいたりする場合があるかと思います。

なぜ勝てないか?この原因を見つけることが強いダーツを見つけるヒントになると思います。

そしてその原因を見つけるヒントはこのブログで書いてきた記事にもあると思います。

これからも強いダーツを打つのに参考になる記事が書けるように努力していきますのでよろしくお願いします!

ワンクリックのご協力いただければ幸いです。







関連記事

| ダーツ精神・メンタル メンタル | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://dartskyou.blog.fc2.com/tb.php/49-918b3163

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。