PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第4回 グリップについて[3]

今回はダーツの重心について少し話したいと思います。




・・・・・


基本的に皆さんが最初言われるのは、重心部分に人差し指を置いて・・・って感じだと思います。



これは間違いないのですが、なぜ重心を持たなくてはいけないのか?これをきちんと理解している方は以外にすくないのではないかと思います。


これをしっかりわかっている上で重心を持つということが前回もいったしっかりとしたイメージを持つ!につながります



なぜ重心を持ったほうがいいのか?これはダーツを真っ直ぐ飛ばすためです!


重心より前を持って投げるとどうしてもチップ部分が下がりフライトが上がります

進行方向に向かってダーツが下を向いて飛んでいくってことです

後ろを持つとその反対になります


これを意識することで飛びが格段と良くなるはずです!

そしてここで勘違いする方が多いのが『飛び』についてです

飛びが良い悪いというのは決して矢速のことではありません!!!


飛び方、手から矢を話した瞬間からボードに刺さるまでの飛び方のことです

チップを変えたばっかりなのに全然刺さらない、こんな時は大体決まって飛びが悪いことがほとんどです。

ソフトダーツの場合刺さらなかった時に反応が優先なので飛びが悪くて刺さらなくたって問題ないんじゃ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、その反応はチップ部分でしているのでしょうか?それとも斜めに飛んでフライトで反応しているのでしょうか?

ダーツのチップからフライトまでの長さの分だけブレがでてしまっていますよね!これではやはり安定したダーツには結びづらいです。

ということで、重心を持つ=飛びをよくする、又は安定させるに繋がります。

なので重心を持ったほうがいいと言うわけです。

ただこれはダーツを初めて間もない方、Aフラ手前で伸び悩んでいる方などに向けたものです


実際僕は重心よりやや後ろを持っています。これにはダーツの長さだったりフライトの形状自分のくせだったりが要因してこの形になっています。

しかしこれは重心をもって投げる意味が分かってからの応用になります


基本をしっかり身につけてからの応用です。最初は重心を持って飛びをしっかりイメージしてダーツを投げるようにしましょう!

今回の重要なポイントは

1.しっかりと重心を持つ

2.飛びをちゃんとイメージして投げる

まだまだグリップについては書く事が沢山あるのですがとりあえず次回はスタンスについて少し話してみたいと思います。これもおろそかにしがちですがかなり重要だと言えます!スランプの時原因になるのが50%以上はここにあると思います

長文しつれいしましたm(_ _)m最後までお付き合いありがとうございました!

尚メールやコメント等で質問してくれたらお答え出来る範囲で答えます。



センター重心の良いダーツだと思います

関連記事

| ダーツ技術基本編 グリップ | 12:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございました。

今LIVEで8〜9ですがグリップに悩んでるので
大変参考になりました!
又なにか色々な理論の投稿楽しみに期待してます!
ありがとうございました^ ^

| 兵庫は西宮のダーツァー | 2013/05/24 01:14 | URL |

ありがとうございます!

グリップにお悩みですか。グリップは肝心な部分でもあるしちょっとしたことで影響を受けやすい部分だから悩みやすいですよね。

もっと分かりやすく質の高い記事を書けるように頑張ります!これからもよろしくお願いします(^O^)

| ダーツ狂 | 2013/05/24 05:02 | URL |














TRACKBACK URL

http://dartskyou.blog.fc2.com/tb.php/5-55d63dab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。