PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第52回 利き目と利き腕

こんにちは!

今回は利き目と利き腕の関係について書いてみたいと思います。

・・・


利き目という言葉はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、ダーツをやる人には馴染み深いかと思います。

一応知らない方のために利き目がどちらか調べる方法を紹介しておきます。

・両眼を開ける
・適当な距離にある小さな目標をまっすぐ見る
・両眼を開けたまま、両手で小さな輪を作り、その輪の中心に目標物を入れる。
・片目を交互に開け閉めする
・どちらかの目だけ、輪の中心に目標物が入る
・入った方が利き目と言うことになります。

利き腕のほうが利き目という事ではないので一度チェックしてみるといいかと思います。

利き目と利き腕が一緒だとテイクバックやセットアップが割とスムーズに出来るかと思います

例えば右利きで左目が効き目の場合、テイクバック時に左目の方に倒してしまって真っ直ぐにテイクバックをしづらかったりする場合があるかと思います。

僕も利き腕と利き目が逆です!

なので僕の場合の解決法をお伝えしてみようと思います。

セットアップ・これは利き腕側の目の前で行います。そしてそのまま利き腕側の目の前を通って倒し、そのラインを通ってリリース、フォロースルーを行います。

そして細かく言うと、利き目でテイクバックからフォロースルーの動きを見て、利き腕側の目で狙うポイントをみています。

ほんとにそんな事できんのかよ?と思われそうですが、僕はそういう意識で狙うポイントや動きをみています。

基本的に的を見る割合とダーツの動きを見る割合は3:7位です。

ダーツの動きを見ることに重点を置いています。

文章で書くと少し難しく感じるかもしれませんがそういう意識を持つことで割と簡単に実践出来ると思います。


そして利き目と利き腕が一緒でもバラバラでも大切なのが、先程も言ったテイクバックからフォロースルーの動きを感じることに重点を置くことです。

この動きを感じながらダーツを投げることで一定の投げ方がしやすくなると思います。

基本バラバラでも一緒でも特に気にする必要はないと思います。

ただそれが原因で真っ直ぐに倒せなかったり、なんらかの障害を感じる場合は僕の方法を試してみるといいかもしれません。

と、今回は短いですがこの辺にしておきます。

何か質問あれば遠慮なくして下さい!!!

ではまた次回~!!!!
ワンクリックのご協力いただければ幸いです。





関連記事

| ダーツ技術中級編 利き目と利き腕 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いつも読ませて頂いてます。
この記事を読んで、だいぶ矢に纏まりが出てきました。

安定してAフラスタッツを打てるようになりました。

7:3の割合でダーツを見てるというのがとてもヒントになりました。ありがとうございます。

これからもブログ頑張ってくださいね♪
応援しております!!

| しゅんしゅん | 2013/04/20 08:11 | URL |

しゅんしゅんさん

ありがとうございます!

とても嬉しい一言です。

ブログを続けていく大きな励みになりました!こちらこそありがとうございます!!!

| ダーツ狂 | 2013/04/20 13:30 | URL |














TRACKBACK URL

http://dartskyou.blog.fc2.com/tb.php/53-6a82f61b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。