PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第6回 スタンスについて[2]

こんにちは!

今回は前回話したスタンスについてもう少し話したいと思います。

スタンスだけにかぎったことではないですが

・・・


1・無駄な力をいれない!

2・再現率を高める

これが重要になってきます。

2番の再現率を高める上でスタンスに必要なことはなんなのか?

これは

1・前足を曲げない

2・立つ位置をスローラインで決めない

3・重心のかかっている位置を意識する

3については前回話したことと重複するので省略します

1の前足についてはそののままの意味なんですが、たまに前足を曲げて投げる方がいます!

これ位自体を否定するわけではありませんが再現率を高める上ではやはり真っ直ぐ伸ばしている方に軍配があがります!

足をどの位曲げておくか、なんてことははっきりとしたポイントでは決められないですよね?

反対にまっすぐ伸ばしておくのはただまっすぐ伸ばしているだけですからいつでも同じことができると言えます。

これに気をつけることで安定率があがるはずです。是非取り入れてみてください。

そして今回の3つのなかで一番重要なのが2のスローラインで立つ位置を決めないです!

これは主に1つのホームショップで投げ込んだり、初めてそんなに時間が立っていない方に見られることなんですがスローラインに書いてある文字やマークなど、なにか目印になる物にあわせて立ち位置を決めている場合があります。

これはそのショップでしか投げないのなら安定率を高めるということになりますが、多くの方の場合そうではないはずです!

リーグに参加している方、トーナメントに参加される方、またはハウスイベントに参加される方、多くの場合一つの場所だけでなげるわけではないと思います。

しっかりと狙うポイントを見据え、その目の下に重心を置く足を持ってくるそしてスローラインをみるのはラインからはみ出していないかをチェックします。

こうすることでどの会場、またはショップでも同じことができるようになり再現率が高まると言えます。

ちょっとした取り組みかもしれませんがこういったことが再現率の上昇→安定→上達となっていきます。

ダーツは基本的に単純なスポーツですこれ故に少しの事が大きな違いを生むことにもなります。

上達のスピードに差があったり伸び悩んだりすのはその小さな差に如何に早く気づけるか、重要性を見いだせるか!この差でもあります。

このブログがその役に立てていたら非常に嬉しいです!!!

とまぁ今回の重要なポイントは

1・スローラインに立つ位置は狙う場所を見て決める

2・再現率を高める、安定させるためのことを考える

こんな感じですね

次回はセットアップについて話していこうかと思っています。ご意見ご要望等あればコメントやメールフォームからいただけると幸いです。


自宅練習用には音が静かなのでハードボードがオススメです。

関連記事

| ダーツ技術基本編 スタンス | 18:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とても参考になります。
今後も期待しております。

| ショータ | 2013/03/18 19:23 | URL |

コメントありがとうございます。

そういってもらえると非常に張り合いがでます!

今後も1日1記事の目標で更新していきますので応援よろしくお願いします。

まだ開設したばかりなので読んでくれる方からの反応はとても嬉しいです!

| ダーツ狂 | 2013/03/18 22:57 | URL |














TRACKBACK URL

http://dartskyou.blog.fc2.com/tb.php/7-cf4f5a89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。