PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第69回 調子やRtが伸びた時の練習

こんにちは!

GW中も仕事の為いつもどおりのダーツ狂です。

自営の為休みがバラバラで祭日に休みを取ることがすくないです。その代わり大会などに合わせられているんですがね


今回は『自宅での練習』でもらったコメントで、伸びた時にこんな練習していたっていうものがあるか?

これを思い返して書いてみたいと思います!

・・・




といってもコメントの返信でも書いたように特に特別な練習をしていたってこともないんですよね・・・。


ただ、とにかく投げ込んでいる時間は相当な物だったと思います。

自分で日本の中でもBEST10に入るんじゃないか?と思うくらい投げていました・・・。

ライセンスを取得する前後1年だけで言うと一日最低6時間以上は投げていたと思います。

その分仕事も疎かになりがちですが・・・。でもちゃんとやってはいましたよ!!!


大体、投げ放題で5~6時間位投げ込んでそれからダーツBARに行ったり、家に帰ってから更に投げ込んだり、大会やトーナメントが終わったあとも投げ放題で3時間位投げたりしていましたw

そしてこの頃はこの投げ込んでいる時間を自分の自信に変えることでメンタルを強く持つことができていたと思います。

こんなに投げ込んでいるんだから負けるわけない!とかっていう風に自分に言い聞かせていました。

実際そう思うことである程度の自信を持つことが出来ていたし、試合に負けたとしてもメンタル面が影響して負けたとかいう試合は少なかったと思います。

ただこの練習時間をキープし続ける事は非常に難しいです。仕事面、金銭面、特に体力面で限界が出てきます。

そしてこの練習時間をキープできなくなった時に、こんなに練習しているんだからという自信はもつことが出来なくなってきます。この時は新たな自信を見つけることに苦労しました・・・。

この話はまた別の機械にでも・・・!

で、話を戻しますがやはり練習量が多かったのが伸びた原因なのかと考えるとそれだけでもないような気がします。

別に長い時間投げようとか、練習時間を増やそうとか思って意識的に行ったわけではなくて、上達が自分でも分かったし、それによってダーツがますますたのしくなり結果的に長い時間ダーツを投げることができていたと思います。

そしてこの頃からダーツの事を色々考えて投げるようになりました。
きっとこれが上達に一番影響をもたらしたんだと思います。

グリップはこうした方が良いんじゃないかとか、フォーム全体の事を考えたり矢速や軌道の事を意識しだしたのもこの頃からだったように思います。

『第24回 より質の高い練習について』こういったやり方をするようになったのもこの頃からでした。

今振り返って考えてみるとただ投げるのではなく、いろいろなことを意識するようになったことが上達のきっかけだったと思います。

そのためには誰かに勝ちたいだとか、Aフラになりたいとか、プロになりたいだとか何かしらの目標が必要です。ただ上手くなりたいだけではモチベーションが保てないでしょう。

僕の場合は生まれ持ったの負けず嫌いと言う性格が幸いしたと思いますw

その目標に達成するためにはどうするか?こんな所から意識が代わり上達していくのだと思います。


意識が変わることで取り組み方が変わり上達していく

これが伸びた時、成長期みたいな時に共通してあることだと思います。

更に目的意識を高めて、上を目指さねば!!!!

よし!今日も頑張る!!!

ではまた次回!!!

皆さんの協力のおかげで上位を保つことが出来ています!
バナーをクリックすることでランキングポイントが加算されます!
ご協力よろしくお願いします!!!








関連記事

| ダーツ技術中級編 質の高い練習法 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://dartskyou.blog.fc2.com/tb.php/70-e7754c49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。